フランシス・ベーコン展 展覧会レビュー その3

さて、現在東京近代美術館で開催されているフランシス・ベーコン展について、前回の続きです。

 
しばらく、同展覧会の会場でドキュメンタリーフィルム『BACON’S ARENA』2005年の映像を繰り返し見ていました。ゲイっぽい英語だなあと聞いていると実際、ベーコンはゲイでした。たった3分間の映像(オリジナルは95分)なのですが、私的にはベーコンの美術家としての意識みたいなものが少しだけ解ったような気もしました(本当の事を言っているのかどうかは、本人にしかわかりませんが。。。)。
 
上記の映像の中でベーコンがよい作品を描ける状態を話していました。聞いていて、最近よく聞く「フロー」みたいな状態の事を言っているようにも思えました。フローは、心理学者のミハイ・チクセントミハイが定義した概念です。簡単にいえば、無我夢中で人が何かに集中して時間も忘れるような状態です。ベーコンのインタビューを聞いていると、ベーコンの中から沸き起こるような、あるいは降りてくるような「何か」をフローの状態で描く時、よい作品が出来ると彼は信じているようでした。ベーコンの作品は、作為的でありそうで、本当はベーコン自身も気付いていない彼の深層心理の中の何かが彼を駆り立てて出来上がった作品なのかなとも思いました。
 
次に私が見たかった《ジョージ・ダイアの三習作》(1969年)がありました。ジョージ・ダイアは、ベーコンの恋人だったそうです。しかも、イースト・エンド出身。ベーコンのアトリエがあったサウスケンジトンがロンドンのウエスト・エンドの典型的な地域(高級住宅街)とすれば、まさに真逆な地域がイースト・エンド。あまり言いたくないですが、このあたりの地域差別の意識、まだまだロンドンにあります。そんなことベーコンは、どうでも良かったんだろうなあ。話は戻って《ジョージ・ダイアの三習作》で、ダイアの顔もまた他の作品の顔のように歪められているのですが、それでも愛情を感じられるような気がします。背景のピンクも優しい。後にダイアは自殺します。それ思うとこの作品をみると心が痛みます。それにしても、この作品と叫ぶ教皇のシリーズとの表現の違いのすごいこと。。ここで、ベーコンの作品を鑑賞しながら、感情がどう動いているのか敏感になっている自分に気付きました。同展覧会のキャッチフレーズ「目撃せよ。体感せよ。記憶せよ。」の通りなのかもしれません。彼の作品に感じる恐怖も愛情も我々の記憶の1部なのかもしれません。そしてまたベーコンの作品を目撃することで記憶として刻まれる。
 
確かにベーコンが暴力を描こうが、それが心地悪いものであろうが、彼がインタビューで語っていたように暴力が存在するのが現実の世界です。以前お話したように、価値観は人それぞれですが、芸術を「体感」するために同展覧会へ行くと、隠されていた自分の何かの記憶が呼び起こされるかもしれません。これが、今回の展覧会の魅力の一つですね。
 

フランシス・ベーコン展
会 期 2013年3月8日(金)‒ 5月26日(日)
会 場 東京国立近代美術館 企画展ギャラリー
開催時間 午前10時 ‒ 午後5時(金曜日は午後8時まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜日(ただし4/8、4/29、5/6は開館)、5/7

展覧会関連サイト
フランシス・ベーコン展特設ホームページ
http://bacon.exhn.jp/

フランシス・ベーコン展 展覧会レビュー その2

前回の続きです。フランシス・ベーコンの代表作に教皇のシリーズがあります。今回の東京近代美術館で開催されている「フランシス・ベーコン展」では、出品リスト作品No.8『叫ぶ教皇の頭部のための習作』(1952年)がその一例です(*1)。カトリック教会のトップである教皇が不気味な姿で叫んでいるショッキングな作品です。また、ベーコンは、ベラスケスの『教皇インノケンティウス10世の肖像』(1650年)をもとに45以上の作品を描いてたそうで、作品No.11『教皇のための習作』(1961年)は、その一例です。ちなみに、ベラスケスは、17世紀スペイン絵画を代表する画家ですが、ローマに滞在していた時に、この『教皇インノケンティウス10世の肖像』を描き、この作品はローマのパラッツォ・ドリア・パンフィーリ(ドリア・パンフィーリ美術館)に現在所蔵されています。

同展覧会でこれらの作品を観ている時に、隣の部屋から英国英語が聞こえてきました。これは2005年に撮影されたドキュメンタリーフィルム『BACON’S ARENA』からの映像の1部(オリジナル95分からの3分の映像)で、ベーコン本人の声でした(*2)。その中でインタビュアー(多分、美術評論家デイヴィッド・シルヴェスター)が、ベーコンにローマでベラスケス(の『教皇インノケンティウス10世の肖像』)をみたことがあるかと聞くシーンがあります。その質問にベーコンが何と答えたか。「ない。恐怖心がある。」と言った後、「ベラスケスの作品を冒涜した後に本物をみたくない」と言ったのです。また、このベラスケスの作品に完璧に執着していたとも言っていました。なるほど。ベラスケスの『教皇インノケンティウス10世の肖像』も、当時としては斬新な肖像画だったと思うのですが、現代の目からみれば正統派の肖像画です。それをこれほどまでにデフォルメして描いてたベーコンですが、教皇(カトリックの象徴)よりもベラスケス(の作品)を冒涜することが怖かったようですね。

同展覧会の作品解説よると、ベーコンはキリスト教に興味があったのではないかと推測されていました。私の印象では、(宗教の価値観は個人それぞれですが)同じキリスト教でも各宗派の価値観は、日本で考えられている以上に独立しています。とくにイギリス(イングランド)は、16世紀からカトリックと分離して、独自のキリスト教を信仰しています。そういえば、私がロンドンにいた頃、バチカンの枢機卿へ手紙を出す機会がありまして、ロンドン中心にある大きな郵便局の窓口の担当者達が「バチカン」という単語さえ知らなくて苦労したことがありました。教養とかそういうレベルではなく、単に無関心なんだなと思いました。ベーコンの信仰に関しては、私は詳しくありませんが、英国人の両親を持ったベーコンがローマン・カトリックのトップ(教皇)をあそこまでショッキングな表現で描ける真意はわかりません。しかし、(言い方は悪いかもしれませんが)「正統派の英国人」が多く住む高級住宅街のサウスケンジントンにアトリエを構えていたあたり、ベーコンは、英国の中でもかなりこだわりがある「英国人」だったのかなとも思いました。もちろん、これも個人的見解ですけれども。

では、今日はこの辺で。

*1 この作品は、下記のフランシス・ベーコン展特設ホームページで見ることが出来ます。

*2 『BACON’S ARENA』は、DVD『出来事と偶然のための媒体 BECON’S ARENA 』という題名で日本で5月27日より発売されます。東京近代美術館のショップなど都内数ヶ所で先行販売中。

フランシス・ベーコン展
会 期 2013年3月8日(金)‒ 5月26日(日)
会 場 東京国立近代美術館 企画展ギャラリー
開催時間 午前10時 ‒ 午後5時(金曜日は午後8時まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜日(ただし4/8、4/29、5/6は開館)、5/7

展覧会関連サイト
フランシス・ベーコン展特設ホームページ
http://bacon.exhn.jp/

フランシス・ベーコン展 展覧会レビュー その1

東京国立近代美術館で開催中の「フランシス・ベーコン展」へ行ってきました。前回お話したようにあまりフランシス・ベーコンは得意ではなく、恐る恐るでした。展覧会の構成は、ベーコンの作品を年代順に三つに分けており、最後にエピローグという4部構成になっていました。

私の中のベーコンの作品といえば「叫び」のイメージですかねえ。やはり展示会場に入るとすかさず不自然な体勢の人物が叫んでいる『人物像習作 II』(1945-46年)が目に飛び込んできます(*)。心地悪い恐怖を感じます。次が『人体による習作』(1949年)です。同展覧会の作品解説によると、ベーコンのアトリエに1920年出版の『物質化の現象』の本が残されており、彼がエクトプラズム(心霊現象)に興味があったのではないかと推測していました。この作品に描かれている人物は、心霊なのでしょうか。。。

そういえば、今回のベーコン展では、彼が残した言動や生い立ちなどから彼の作品が出現した理由を様々な「証拠」から「推測」している作品解説が結構ありまして、やはり現代アートの世界でも「裏付け」は重要なんだなと思いました。我々からすればあたりまえなのですが。。私個人の考えですが、美術を分析する者は科学者と似ているような気がします。証拠がなければ断言は出来ない。作品に描かれている史実も大事なのだけれども、アーティストがそれをどう扱うかで、また見る者がどう感じるかで、作品の意味は変化します。ベーコンの人生は、エキセントリックな印象が強いのですが、自分の作品いついてあまり多くを語らなかったからでしょうか、綿密に研究しながらも慎重な専門家の視点と考察が伝わってくる同展覧会の作品解説に共感しました。

また、展示会場のライトとの兼合いで各作品の額装に仕様されているガラスの表面が反射することもあり、この件に関する注意書きも展示会場のところどころにありました。それによると、ベーコンは、「ガラスと金縁の額」という額装の仕様にこだわっていたそうです。その理由がガラスで人と作品との間に隔たりをつくりたかったから。ということは、ベーコンの作品が発してる何か(暴力など)と見る者との間にはガラスで隔たりが出来ている。ベーコンの人気の秘密は、このあたりに隠されているのかなと思いながら、当初とは違った目で鑑賞を始めました。

では、今日はこの辺で。

*この作品は、下記のフランシス・ベーコン展特設ホームページで見ることが出来ます。

フランシス・ベーコン展
会 期 2013年3月8日(金)‒ 5月26日(日)
会 場 東京国立近代美術館 企画展ギャラリー
開催時間 午前10時 ‒ 午後5時(金曜日は午後8時まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜日(ただし4/8、4/29、5/6は開館)、5/7

展覧会関連サイト
フランシス・ベーコン展特設ホームページ
http://bacon.exhn.jp/