貴婦人と一角獣展 国立新美術館 展覧会レビュー

2013 06 28

先日、国立新美術館で開催中の「貴婦人と一角獣展」に行ってきました。ラファエロ展に続き、この展覧会も冗談ではなく「奇跡の初来日」と評判です。

同展覧会の名前にもなっている《貴婦人と一角獣》は羊毛と絹から出来た織物で、現在フランス国立クリュニー中世美術館が所蔵している、6面の連作です(*)。制作場所はフランスともベルギーとも考えられており、年代は1500年ですが、謎の多い作品です。同展覧会の公式サイトによれば、フランス国外にて同作品が展示される事は稀で、今回が2回目だそうです(初回はニューヨークのメトロポリタン美術館)。

この《貴婦人と一角獣》ように人物や装飾を織り出した作品(壁掛け)をタピスリーやタペストリーと呼びます。これらの6面の大きさは、不ぞろいなのですが、一番小さな作品《視覚》でも高さが約3m以上ありますので、そのスケールの大きさは想像していただけると思います。

同展覧会展示の解説によると、当時のタピスリーの制作手順は、まず画家が下絵を描き、それをタピスリーの原寸大の下図(カルトン)に描きおこします。それを元にして工房で製織していきます。経糸(たていと)に対して緯糸(よこいと)を直角に巧みに交差させることによって色の濃淡や輪郭線の強弱をつけながら、下絵を忠実に再現していくという、気の遠くなるような作業を続けた結果、一枚のタピスリーが出来上がります。この工程を理解するとしないとでは、《貴婦人と一角獣》に対する理解度が変わってきます。

今回の展覧会は《貴婦人と一角獣》を学術的に解釈をするために様々な方面から考察する構成になっています。例えば、《貴婦人と一角獣》と同時代のタピスリーや工芸品、《貴婦人と一角獣》の下絵を描いたと考えられている画家(名前は不明)の他の作品などが出品されています。また、会場の一角にある高精密デジタルシアター《貴婦人と一角獣へのオマージュ》もオススメです(上映時間は15分間)。《貴婦人と一角獣》の6面から、描かれている貴婦人や動物達の表情だけを抜粋して、大画面で一列に並べて比較といった、デジタルならではの趣向の凝らした内容となっています。これらを鑑賞してから、《貴婦人と一角獣》をもう一度鑑賞するというのも楽しいかもしれません(同展示会場は鑑賞者が循環しやすい構造になっています)。実際、この作品には謎が多いからこそ、鑑賞者に自由に解釈してほしい、という同展覧会の主催者側の意図もあるのかもしれません。とういわけで、当方の解説はこのあたりにしておきます。

最後に、最近の展覧会全般に言えるのですが、展示作品保護のために会場の室温が通常より低く設定されています。館内よりも会場内の方がより寒く感じますので、ストールを持参するなど鑑賞の際の冷房対策をお忘れなく。

では、今日はこの辺で。

*《触覚》《味覚》《嗅覚》《聴覚》《視覚》《我が唯一の望み》、以上6面の連作。

フランス国立クリュニー中世美術館所蔵 貴婦人と一角獣展公式サイト
http://www.lady-unicorn.jp/

フランス国立クリュニー中世美術館所蔵
貴婦人と一角獣展
国立新美術館(東京)
会期     2013年4月24日(水)-7月15日(月・祝)
休館日 毎週火曜日
開館時間 午前10時-午後6時 金曜日は午後8時まで(入場は閉館の30分前まで)

国立国際美術館(大阪)
会期     2013年7月27日(土)-10月20日(日)
休館日 毎週月曜日
(ただし8月12日(月)、9月16日(月)、9月23日(月)、10月14日(月)は開館。9月17日(火)、9月24日(火)、10月15日(火)は休館)
開館時間 午前10時-午後5時 金曜日は午後7時まで(入場は閉館の30分前まで)