ルーヴル美術館展 ―地中海 四千年のものがたり― 東京都美術館

2013 08 06 13 23 49

先週はアップ出来ず残念でした。学生達の夏休みもまもなく終わりますね。この時期の美術館へ行くと夏休み課題で展覧会へ来ている小学生達を多く見かけます。

少し前になるのですが、現在東京都美術館で開催中のルーヴル美術館展へ行ってきました。

上の写真は、同展覧会のポスターでおなじみの《アルテミス、通常「ギャビーのディアナ」》です。展示会場のキャプションには、制作が100年頃、出土がローマと記述されていました。作品の状態とギャービーの足下にある支えのように彫られている木をみて、なんとなく「ローマ時代のギリシア彫刻のコピー」ではないのかなあと思いました。ギリシア時代に制作された彫刻は、現存しているものが非常に少なく、我々が目にしている「ギリシア時代の彫刻」は、ローマ時代の彫刻家達が模刻したものが多いのです。もちろん、模刻といっても、ギリシア彫刻のエッセンスを我々に伝えてくれるものであり、ローマ時代の優れた彫刻家達の腕で、1つの作品として鑑賞することも十分価値があるのですが、私は、学生達に「模刻は模刻」と教えるようにしています。

私が同展覧会へ行った際(8月6日)の展示会場では、この作品が「ローマ時代の模刻」であるかどうかの情報を得ることは出来ませんでしたが、同展覧会の公式ホームページで確認したところ、やはり「紀元前4世紀の名高い彫刻家プラクシテレスの様式を汲む作品の、ローマ時代の貴重な模刻」と記載されていました(*1)。

ローマ時代のギリシア美術や文化の崇拝の流れは強いものなのですが、ローマ人達は、ギリシア人達と異なる価値観をもっていたのも事実であり、ローマ時代に制作された(模刻された)ギリシア彫刻は、やはりローマ時代の彫刻なのではないかなあと個人的には考えたくなります。でも同展覧会の「ギャビーのディアナ」の美しさには変わりないのですけれどもね。

では、今日はこの辺で。

*1 展覧会公式サイト 『ルーヴル美術館展 ―地中海 四千年のものがたり―』〈http://louvre2013.jp/highlight.html〉(アクセス日 2013年8月28日).

ルーヴル美術館展 ―地中海 四千年のものがたり―
The Mediterranean World: The Collections from the Louvre
会期:     2013年7月20日(土)~9月23日(月・祝)
開室時間:午前9時30分~午後5時30分(金曜日は午後9時まで)
※入室は閉室の30分前まで。
※金曜日は午後9時まで。
休室日:     月曜日
※なお、9月16日(月・祝)、9月23日(月・祝)は開室、9月17日(火)は閉室。