「印象派を超えて―点描の画家たち」展 国立新美術館 私的に好きな作品 その1

前回の続きです。

今回の展覧会では、ゴッホの意外な作品が出品されていまして、私は特に《レストランの内部》(1887年)と《石膏像のある静物》(1887年)が好きでした。偶然ですが、どちらも1887年に制作されています。同展覧会のポスターの《種まく人》のように、ゴッホ特有の毒々しいような黄色と群青の力強いタッチの絵ではなく、どちらも繊細でほっとするような作品です。

《レストランの内部》(*)は、個人的にゴッホの名作の一つと考えている《夜のカフェテラス》(1888年)を思い出します。点描画報とか後期印象派など専門用語を忘れて(これらを美術史的に考察するためにも良い作品なのですが)、ひたすらに見入ってしまいました。ゴッホも、こんなに繊細なチャーミングな作品を描くのですねえ。ちなみに《レストランの内部》と同様に《夜のカフェテラス》も、クレラー=ミュラー美術館に所蔵されているのですが、ゴッホの筆のタッチの変化がこの2作品を比較するだけでもわかります(《夜のカフェテラス》は今回出品されていません)。

《石膏像のある静物》は、石膏像と本が2冊、薔薇の花と共にパステル調に描かれていまして、これがまたゴッホらしくない、とてもチャーミングな作品です。点描の影響は、前述の《レストランの内部》ほど、見受けられませんが、彼の意外な一面を知ることが出来ました。前回お話した《種まく人》(1888年)のエピソードを考えても、ゴッホは、かなりどん欲に様々な技法を短期間で学んでいた事がわかります。そうそう、彼は日本の浮世絵にも興味を持っていましたね。同展覧会のテーマである「点描」からは少し離れましたが、展覧会で私的に好きな作品を見つけるのが、鑑賞の目的の一つでもありますので。。よかったです。この続きは、後日に。

では、今日はこの辺で。

*《レストランの内部》は、以下の同展覧会の公式ホームページで画像をみることが出来ます。
http://km2013.jp

クレラー=ミュラー美術館所蔵作品を中心に
印象派を超えて―点描の画家たち
ゴッホ、スーラからモンドリアンまで
会期:2013年10月4日(金)~12月23日(月・祝)
毎週火曜日休館
開館時間:10:00~18:00 金曜日は20:00まで
入場は閉館の30分前まで。