東京駅丸の内駅舎にて

20150108

東京駅丸の内駅舎のドーム天井です。一見、洋風のように見えますが、実は、干支(緑の円形のレリーフ部分)が描かれていたり、和の文化をベースとした装飾が所々に施されています。東京駅創建当時(1914年)の形に復元されました。和洋折衷のデザインがとてもクールです。