フィレンツェ、1日目、ロレンツォ・ギベルティ「北の扉」

UNADJUSTEDNONRAW thumb 1abf

画像は、サン・ジョバンニ洗礼堂の「北の扉」です。扉の彫刻は、ロレンツォ・ギベルティによるもので、1402-1424年に制作されました(現在、同洗礼堂にはレプリカの扉が付けられています)。当時のフィレンツェでは、有力ギルド(同業者の組合)が教会の建築に大きな力を持っていました。このサン・ジョバンニ洗礼堂の扉も、Arte di Calimala(毛織物商のギルド)主催のコンペ(1401年)の結果、ロレンツォ・ギベルティが制作することになりました。というわけで、昨日の画像は、この扉の裏側でした。