フィレンツェ、2日目、ウフィツィ美術館、《キリストの洗礼》、レオナルドの天使

UNADJUSTEDNONRAW thumb 1c1b

昨日の続きです。フィレンツェ、ウフィツィ美術館所蔵、ヴェロッキオ作《キリストの洗礼》の左下に二人の天使が描かれています。上の画像は、二人の描かれた部分を拡大しました。この二人のうちの一人の天使を、ヴェロッキオの弟子の一人、レオナルド・ダ・ヴィンチが描きました。むかって右の天使は、可愛らしい表情で上を見上げています。もう一人の天使の優美な表情、柔らかな髪、透き通るような肌にうっすら赤みを帯びた頬。どちらがレオナルドが描いたのでしょうか。はい、後者の天使です。この天使をみて、ヴェロッキオが二度と絵を描かなくなったというエピソードをよく聞きます。本当かどうかわかりません。ヴェロッキオは、彫刻家としても有名でしたから、彼としては問題なかったのかもしれません。それにしても、若きレオナルド、我々にその天才ぶりを見せつけてくれます。