フィレンツェ、2日目、サンタ・クローチェ聖堂、ドナテッロ作《受胎告知》

UNADJUSTEDNONRAW thumb 1cb1

フィレンツェ、2日目、サンタ・クローチェ聖堂内マキャベリの墓を奥に少し進むとドナテッロ作《受胎告知》が見えてきます。この作品は、教会資料によるとドナテッロがローマへ旅した後1433年頃にに制作されたそうです。pietra serenaという灰色の砂岩の彫刻に金の細工が施されています。画像向かって左側に大天使ガブリエルが跪き、右側にいる乙女マリアに、精霊と共にイエスを身籠ることを伝えています。二人の優美な佇まいに、しばし、見惚れます。