フィレンツェ、3日目、パルジェロ国立美術館、ミケランジェロ、《バッカス》、バッカスの顔

UNADJUSTEDNONRAW thumb 1de3

昨日は、ミケランジェロの《バッカス》(1496−1497年)の足に寄り添っているファウヌスの顔をお見せしました。せっかくなので、葡萄酒の神であるバッカスの「葡萄のヘアスタイル」をお見せしたく、今日は彼の顔のアップをお届けします。ギリシア神話では、ディオニソスと呼ばれていますが、ローマ世界ではとても人気があった神なのです。ディオニソス信仰の美術は、のちに初期キリスト教美術にも影響を与えます。