フィレンツェ、3日目、アカデミア美術館、ミケランジェロ、《ダヴィデ》

IMG 5231 1024

サン・マルコ教会前のサン・マルコ広場を通り抜けるとすぐにアカデミア美術館があります。大学と美術学校が隣接しているので、通りには、学生が多いです。同美術館もフィレンツェカードで入場。通常は「入場まで長蛇の列」ということですが、私が行った時(平日午後14時過ぎ)は、それほど混んでいませんでした。

建物の中に入って、すぐにドーンと目に入ってきたのが、あまりにも有名なミケランジェロ作《ダヴィデ》の像(1502-1504年)。想像以上に威圧感あります。画像の見学者達と比較しても、巨大な像であることがわかります。シニョリーナ広場の市庁舎(ヴェッキオ宮殿)前に置かれていたコピーを見た時は、これほどの「威圧感」を感じなかったのです。オリジナルが発するエネルギーなのでしょうか。当たり前といえば当たり前なのですが。アカデミア美術館の空間もまさにこの《ダヴィデ》のために作られたようです。素晴らしさに思わず息を呑みました。