フィレンツェ、4日目、ピッティ宮殿、パラティーナ美術館、ラファエロ《聖母子と幼い洗礼者》

IMG 5682 1024

パラティーナ美術館所蔵の中で最も知られている絵画が、画像のラファエロによる 《聖母子と幼い洗礼者(椅子の聖母)》(1513-1514年)かもしれません。聖母マリアに抱かれた愛らしい幼子イエス・キリスト。その横には、イエスを将来洗礼するヨハネがいます。マリアが座っている椅子が、教皇のみ使用が許された椅子だったことから「椅子の聖母」とも言われるラファエロの名品です。そして、これも「トンド」です。

この作品は、メディチ家出身の教皇レオ10世によって注文されました。ルネサンス時代、フィレンツェで活躍していた芸術家達のパトロンであったロレンツォ・デ・メディチの次男として生まれ、美術品に囲まれて育った教皇でしたから、聖職者になっても贅沢なものがお好きだったように思えます。例えば、この聖母マリアも「清らか」というよりは、豊かでエレガントな印象です。

画像をよくみると壁から額縁が可動式で、手前に引き出されているのがわかります。窓から入る光に作品の表面が反射することを防止するためなのか、あるいは単に日除けのために絵を動かしているのかもしれません。どちらにしても、美術館で作品を撮影するときに、光の反射が悩みの種なので、よいアイデアです。