フィレンツェ、5日目、サン・マルコ美術館、フラ・アンジェリコ、《磔刑のキリストを礼拝する聖ドミニコ》

IMG 5780

フィレンツェ、最終日、サン・マルコ美術館(元修道院)を訪れました。聖アントニーノの中庭に美しい壁画が残っています。この美術館で、最も有名な《受胎告知》を描いたのは、フラ・アンジェリコです。画像は、彼が描いた《磔刑のキリストを礼拝する聖ドミニコ》(1442年頃)です。聖ドミニコ(1170-1221)は、ドミニコ会の創設者であり、サン・マルコ修道院は、ドミニコ会の修道士のための施設でした。ですから、この《磔刑のキリストを礼拝する聖ドミニコ》は、同修道院の中でも最も重要な壁画の一つと考えられます。

十字架にかけられているイエス・キリストの壮絶な姿にすがるようにひざまずく聖ドミニコ。生きた時代が異なる二人の人物が一緒にいることは不可能ですから、もちろん、空想の世界での出来事です。

十字架の上には、「INREIESUS NAZARENUS REX IUDAEORUM」の頭字語である「INRI」の文字が見えています。意味は「ユダヤ人の王、ナザレのイエス」というラテン語です。自らを「ユダヤ人の王」と名乗り、神を冒涜したという罪でイエスが十字架にかけられたことを表しています。

聖ドミニコの顔の表情やイエス・キリストの痛みが伝わってくるような写実的な表現が見事です。サン・マルコ美術館内のギルランダイオの《最後の晩餐》も、このフラ・アンジェリコの磔刑図も、新約聖書の中の悲劇の場面ですが、静かで美しい作品となっています。

フィレンツェといえば、ボッティチェリの優美な作品や、ルネサンス盛期の御三家(レオナルドラファエロミケランジェロ)の名品が有名です。しかし、このサン・マルコ美術館に展示されている作品(全部は紹介しきれませんが)を見ていると、フラ・アンジェリコやギルランダイオの時代にフィレンツェの美の基礎が築かれたように思えます。

4泊5日の旅で、サン・マルコ美術館に3回も訪れるとは自分でも意外でした。