フィレンツェ、番外編、私がやってみてよかったこと TOP3

UNADJUSTEDNONRAW thumb 2383

今日は、フィレンツェの旅(2015年秋)の番外編ということで、「私がやってみてよかったこと」トップ3を紹介します。

フィレンツェカードを買う
フィレンツェカードは、決して安くはありません。私の場合は、普通に入館料を各施設で払うよりも金額的にお得でした。何より「待たなくて入館できる」がありがたい。お金で時間を買うと思えば、決して高くありませんでした。ただし、72時間以内に効率的に動くには行き先の順番と時間配分を考慮することが必要でした(季節によっては、フィレンツェカード所持あるいは各美術館の入場券のネット予約をしていても、短時間ですが並ぶようです)。ちなみに、私は全て徒歩で回りました。
 
美術館は、なるべく開館と同時に入館する
私は、フィレンツェカードがあったので、入場券をネットで予約する必要も、入場券を買うために並ぶこともなかったのですが、ウフィツィ美術館は、開館時間の8時15分の30分前、朝7時45分に行きました。予約あり、予約なしで、入り口が異なっているので、受付がわかりにくいと聞いていましたが、やはりわかりにくかった!開館と同時に入る静かなウフィツィ美術館パルジェロ国立美術館サン・マルコ美術館は、格別でした。そして、美術館へ行く途中の観光スポット(ドゥオーモなど)も観光客も少なくて、よい写真が撮れました。
 
滞在中は、朝は同じカフェに通う

私は毎朝、Scudieri Firenzeへ行きました。優雅なテーブル席ではなく、毎回カプチーノとアーモンドクロワッサンをカウンターで立っていただきました。私が通っていた時は、入り口付近の受付で前払いをしてから、レシートを持ってカウンターへ向かうので、フィレンツェの人々に負けそうになりながらも、注文は通りました。有料の化粧室もきれい。毎回、朝から気分よく動けました。いろいろなカフェへ行く楽しみもあったのですが、朝は時短を心がけ、慣れたところに通いました。

画像は、フィレンツェの教会のファーサードの中で、一番エレガントだと思ったサンタ・マリア・ノヴェッラ教会です。同じイタリアの都市でも、自分の研究のために何度も訪れていたローマとは、別な意味で人生に刺激を与えてくれたフィレンツェ。今度は、ゆっくり訪れたいです。