ボローニャ、2日目、サン・ペトロニオ聖堂、ファサード、ディテール

IMG 5944 1024

昨日に引き続き、サン・ペトロニオ聖堂のファサードです。

同聖堂の中央の主玄関(ポルタ・マーニャ)は、シエナの彫刻家ヤコポ・デッラ・クエルチャの有名な彫刻(1425-38年)で飾られていたのですが撮影しませんでした。というよりも見えていなかったかもしれません。内部には、ジョバンニ・ダ・モデナの壁画の他にも、数多くの芸術作品があり、ナポレオンの妹のエリザ・バイオッキの墓もあったのですが、撮影しませんでした。

今から考えると、この時の私は、細部はどうでもよくなっていました。とにかく、サン・ピエトロ聖堂の信じがたい大きさと、この荒削りな上半分のファサードに惹かれました。そして、繊細で華麗な印象の大理石の板よりも、こげ茶色のレンガの方がボローニャらしいように思えました。実際、ボローニャの街並みは見事なほどレンガ色でした。

訂正のお知らせ:
昨日の投稿記事に誤りがありました。
(誤)
「サン・ピエトロ聖堂」
「サン・ピエトロ」
(正)
「サン・ペトロニオ聖堂」
「サン・ペトロニオ」
なお、記事は訂正済みです。大変失礼致しました。