ボローニャ、2日目、首都大司教座聖堂(Metropolitana)

IMG 6004 1024

ボローニャでは、聖ペテロに捧げられたサン・ピエトロ教会として知られていますが、このあたりの教区の中心的な教会として首都大司教座聖堂「Metropolitana」と呼ばれているようです。ボローニャの目抜き通りでもあるインディペンデンツァ通り(Via dell’Indipendenza)を歩いていると突然現れる大理石の信じられないような高いファサードが特徴の建物です。ボローニャの公式ガイドによると16世紀に正式に司教座聖堂となる以前より存在していた教会で、その後、17世紀、18世紀にかけて、何度か修復が行われたようです。

画像は、同教会の内部です。人の大きさと天井の高さにご注目ください。その荘厳な空間を前にして、ただただ圧倒されるしかありません。この教会は、観光スポットではなく、ボローニャ市民のための信仰の場という印象を受けました。

今回のボローニャの旅では、毎日インディペンデンツァ通りを往復していたのですが、この教会の前を通る度に教会に見守られているような気持ちになりました。