ボローニャ、3日目、ラヴェンナ、サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂、後陣、解説

UNADJUSTEDNONRAW thumb 2dbf

画像は、サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂の後陣部分です。描かれている図像は、それぞれが意味を持ちます。今回は、後陣中央部からその上部(勝利の門の上部)にかけて読み解いていきます。

まず、後陣の下部の真ん中に描かれている男性は、サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂の名前の由来でもある聖アポリナリスです。彼を12匹の羊が囲んでいます。羊たちは、イエス・キリストの十二使徒ではなく、信者と考えられています。

聖アポリナリスの上に描かれている青い円形の中に描かれている中央の十字架を拡大すると、中心にイエス・キリストの顔が描かれています(画面ではよく見えませんが)。十字架の上の黄金に輝く空には、預言者モーゼ(左)と預言者エリヤ(右)が浮かんでいます。この2人が描かれていることから、この場面は、新約聖書の中に出てくる「キリストの変容」という表現していると推測することが出来ます。

その「キリストの変容」とは?簡単に説明します。ある日、イエスが十二使徒の中のペテロ、ヨハネ、ヤコブの3人を連れて、山に登ります。そこに旧約聖書(ユダヤ人の歴史書)の中に登場する前述のモーゼとエリヤと話し始めました。するとイエスの身体が光り輝きはじめます。この「キリストの変容」をサンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂の後陣では、中心に描かれた光り輝く青い円形に描かれた十字架が、光り輝くイエス・キリストを表現し、その変容を三匹の羊(ペテロ、ヨハネ、ヤコブ)が見守っているという構図になっています。

後陣の上の部分にみえる「勝利の門」の上部には、イエス・キリストの顔が中央に描かれており、左右に四つの生き物が描かれています。これらの生き物は、新約聖書の四福音書記官を表しています。その下には、6匹ずつの羊が左右から歩いているのが見えます。よくみると、羊たちは、左右に描かれた街(エルサレレムとベツレヘム)から出発しています。これらの計12匹の羊は、イエス・キリストの十二使徒を表現していると考えられます。

最後に、この華麗な後陣の装飾は、色とりどりの小さな破片を組み合わせたモザイクで出来ています。後陣は6世紀頃制作され、勝利の門は、7世紀から9世紀に制作されたと考えられています。実物は想像以上に美しく、1400年以上の時の流れを感じませんでした。

お知らせ

UNADJUSTEDNONRAW thumb 24d7

ご無沙汰しております。

実は、11月半ば、某国へ旅行に行く予定だったのですが、7日より体調を崩し、今回は断念いたしました。いつもならば、体調が悪くても、現地で治す気合いで、数々の1人弾丸旅行を決行してきたのですが、今回は滅多にない「ツアー参加」ということもあり油断しました。後悔先に立たず。。。日頃の自己管理の甘さに猛省しながら、しっかり養生致しました。

明日から通常通りの更新に戻る予定です。若干、「試運転」の感じになるかもしれませんが、お許しくださいませ。引き続き、何卒よろしくお願い申し上げます。

画像は、側廊の後陣近くから見た、ラヴェンナ、サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂の身廊(信者の座るベンチがあるところ)です。

お知らせ

UNADJUSTEDNONRAW thumb 24d5

皆さま、こんにちは。11月7日より、諸事情のため更新出来ず申し訳ありません。来週をめどに再開する予定です。よろしくお願い致します。

画像は、側廊から見た、ラヴェンナ、サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂の後陣です。