ボローニャ、3日目、ラヴェンナへ

UNADJUSTEDNONRAW thumb 2db1

ボローニャ、3日目、いよいよラヴェンナへ出発です。朝7時にホテルを出て、ボローニャ・セントラル駅まで徒歩20分。マッジョーレ広場からインディペンデンツァ通り(Via dell’Indipendenza)を真っ直ぐ歩けばよいので気は楽でした。平日とはいえ、人はあまり歩いていませんでしたが、途中、営業しているカフェもあったり、パン屋やピザ屋は、すでに仕込みをしていて、治安は問題ありませんでした。昨日訪れた首都大司教座聖堂の前を通って、無事ボローニャ・セントラル駅に着きました。

今回の旅は、イタリア鉄道(トレニタリア)を使用したのですが、意外なほどしっかり運行していました。

ちなみに、ヨーロッパの列車の自販機は、日本発行のクレジットカードは使用できないことが多いので、私は早朝の窓口で直接チケットを買うか、現金を使える自販機で購入します(トレニタリアでは現金使用可能の自販機がありました)。また、事前にトレニタリアのサイト(英語版)で列車の時刻をオプションを含め調べておいて、時間をかけずにチケットを購入するようにしました(今は、トレニタリアの日本語のサイトもありますね)。

さて、ボローニャでは、1日目に駅の下見をしてあったので、ラヴェンナへの切符は、問題なく自販機で購入できました(チケットを購入している時に、自販機が「すりに注意」とアナウンスするので緊張しました)。ボローニャ・セントラル駅7:54出発、ラヴェンナ駅に9:17到着の予約不要の普通列車のR(レッジョナーレ)で、当時の運賃は片道7.10ユーロでした。

また、注意点として、トレニタリアは、改札口がないので、列車に乗る前にホーム近くにある自動検札機にチケットを差し込んで、乗る時の日時を打刻(刻印)をすることが必須でした。私はこの打刻が意味もなく毎回楽しかったです。

さて、ラヴェンナに予定通り9:17に到着。まず、ラヴェンナからバスで、クラッセにあるサンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂へ向かいます。ラヴェンナの隣の駅がクラッセなので、そこから行ってもよかったのですが、クラッセの駅の情報があまりなく、ラヴェンナから同聖堂へ行くことにしました。目指すは4番バス。30分迷いに迷ってやっと4番バスのバス停を発見。画像は、4番バスの時刻表です。バス停の名前にサンタポリナーレ・イン・クラッセ(Basilica di Sant’Apollinare in Classe)らしき名前がない!しかし、「v.le Randi(Tribunale)→Classe」(クラッセ行き)には間違いありません。というわけで、イタリアで初めてバスに乗りました。