ボローニャ、6日目、ミラノ、ブレラ絵画館、グーグルマップに救われるの巻

IMG 0492 1024

ミラノ中央駅に8時40分に到着。キヨスクで地下鉄の一日券も購入。地下鉄の路線は、M1、M2、M3を使用すれば、効率的に回れそうです。

まずは、M3線に乗って、まずはモンテナポレオーネ 駅(Montenapoleone) で降りました。問題なし。地上に上がると周囲の建物がイタリアらしくない!どことなくパリの建物と感じが似ていて、イタリアにいるとは思えません。全体的に洒落た感じです。が、曲がった道が多いので通りの名前と方角がわかりにくいです。

でも、いつものようにグーグルマップで、ミラノのオフラインマップをiPhoneにダウンロードしてあったので、インターネットで繋がっていなくても、地図があれば問題ありません。と思ったのが大間違い。迷いに迷って、どうしていいのかわかりません。時間はどんどん過ぎていきます。今まで、どこへ行っても(海外を含む)、ここまで道に迷ったことはありませんでした。全くの想定外の展開です。気を取り直して、歩きながら、iPhoneの画面でグーグルマップの地図を見ていると、通りに沿って青い点が動いている。インターネットはオフラインだし、何だろう?何と、その青い点は、GPSによる私の位置情報だったのです。素晴らしい!自分の位置がわかれば、もう怖いもの無し!目的地のブレラ絵画館の前に無事到着(画像は多分ブレラ絵画館の正面入り口前ですが記憶が飛んでます)。しかし、時刻は9時50分。予定よりかなり遅くなってしまいましたが、本当にグーグルマップに救われました。

余談ですが、日本では、このグーグルマップのオフラインマップは、使えないようです。ほとんどのヨーロッパの街は、オフラインマップがダウンロード出来ますし、オフラインで通信費もかからず、地図上で自分の位置がわかるので本当に助かりました。ただ、私の知識不足かもしれませんが、オフラインマップをダウンロードしてあっても、状況と場所によって正確に位置情報を把握できない時や街もありました。ちなみに、ミラノでは、オフラインマップに関しては問題なく使えましたし、途方にくれているところに、突如頼もしい助っ人が現れたという感じでした。