ボローニャ、8日目、サンタ・マリア・デイ・セルヴィ教会

UNADJUSTEDNONRAW thumb 2a85

ボローニャ、8日目、絶不調のまま、パドヴァから戻り、食事もせず休みました。おかげで翌日、全快しました。本当は、ボローニャから電車ですぐのところにあるモデナへ行く予定だったのですが、大事をとってボローニャをゆっくりまわることにしました。

まずは、サンタ・マリア・デイ・セルヴィ教会に来ました。12月のクリスマス前だったので、通りは、クリスマス関連のグッズを販売する出店で賑やかでした。

ボローニャ、7日目、パドヴァ、帰り道、そして感想

UNADJUSTEDNONRAW thumb 2a79

画像は、通称「パドヴァのドゥオーモ」、正式名はBasilica Cattedrale di Santa Maria Assuntaです。教会名から「聖母の被昇天」を記念したキリスト教の教会と考えられます。未完成のファサードがボローニャのサン・ペトロニオ聖堂に似ています。

隣の円形の建物は洗礼堂です。建物内は、ジュスト・デ・メナブオイが描いた14世紀のフレスコ画が有名ですが、次回としましょう。

この写真を撮影した時は、14:40。朝からの不調で体力的に限界だったので、このドゥオーモの広場からタクシーでパドヴァの駅に向かいました。

今回は、連日のハードスケジュールがよくなかったのか、冷えたのか(平均的な気温が零度以下)、パドヴァは体調不良でまいりました。そして、この旅ではじめてタクシーに乗り、列車も予定よりも4本早い便(15:53)に変更し、5ユーロ追加してビジネスクラスにしました。

憧れのマンテーニャの壁画が見てからは、一時的ですが体調も回復。パワーをいただきました。元気な時に、もう一度パドヴァへ行きたいです。