第21回文化庁メディア芸術祭 エンターテインメント部門大賞《人喰いの大鷲トリコ》

先日、国立新美術館で開催していた第21回文化庁メディア芸術祭の受賞作品展に行ってきました。個人的に面白かった展示作品が、エンターテインメント部門大賞受賞の《人食い大鷲トリコ》のトリコです。トリコは、ゲームである《人食い大鷲トリコ》の架空の動物です。獰猛そうなのですが、可愛く見えるのが不思議です。

受賞作品展では、展示会場の大きなスクリーンにトリコを見ることが出来るのですが、カメラのフラッシュに反応したり、優しく相手をしてくれる鑑賞者になつく仕草とか、AIなのか、わかりませんが、まるで生きているようで見ていて楽しかったです。

私はゲームをしませんが、その私でも、トリコと一緒に冒険してみたいなと思わせるようなイメージの世界がゲームの中で楽しめるようです。詳細は、《人食い大鷲トリコ》の公式サイトをご覧ください。