マドリード、4日目、シベレス宮殿

IMG 8999

14時47分セゴビア・アヴェ駅発のAVANT(高速列車)に乗り、マドリード・チャマルティン駅に15時15分に到着しました。まず、ホテルに戻り休憩。正直、かなり、疲れていました。が、ホテルのラウンジでサングリア(美味!)と軽食をいただいたところ、復活。そこで無謀にも夕方よりティッセン=ボルネミッサ美術館へ行くことにしました。

ティッセン=ボルネミッサ美術館は、美術館通り(Paseo del Arte)にあります。画像は、同じ美術館通りの角地にあるシベレス宮殿(旧郵便局)です。現在マドリード市役所になっており、中には、「CentroCentro」という観光案内所及びアートスペースがあるそうです。

白い美しい宮殿正面に掛けられた「REFUGEES WELCOME」の垂れ幕に驚きました(2016年5月撮影)。直訳で「難民歓迎」です。思い起こせば、2015年から2016年にかけて、ヨーロッパで難民問題が深刻化し、この写真を撮影した2016年5月当時、難民受け入れが困難になる国がヨーロッパで続出していた矢先でした。正直、経済的に豊かではないスペインで「難民歓迎」の垂れ幕を(しかも公共建物で)見るとは思いませんでした。

そして、現在この垂れ幕は外されているようです。今も歴史は動いています。