マドリード、4日目、ティッセン=ボルネミッサ美術館、マネ、《(正面を向いた)乗馬服の女》

IMG 8950

マドリード4日目、ティッセン=ボルネミッサ美術館の個人的に気になった作品を紹介しております。

画像は、エドゥアール・マネの《(正面を向いた)乗馬服の女》(1882年)です。晩年のマネは、季節の女性シリーズというテーマで、春、夏、秋、冬をテーマに「パリの女性像」を描くという試みをはじめました。この《乗馬服の女》は、夏をテーマにした女性像を描いてます。

同シリーズの《春》は、1881年に完成し、サロンでも評判がよかったようです。そのため、マネは、この《乗馬服の女》の制作に力を入れており、横顔を含めた3パターンの作品を準備していました。そのため、画像の作品は、「正面を向いた」バージョンということで、《(正面を向いた)乗馬服の女》と呼ばれています。余談ですが、2014年に米国ロサンゼルスにあるJ・ポール・ゲティ美術館が、前述の《春》を6510万ドル(当時の日本円で75億円)で落札して評判になりました(*)。

さて、この《乗馬服の女》は、マネの晩年の傑作《フォリー=ベルジェールのバー》(1882年)とちょうど同じ頃に描かれたと考えられます。まず、目に入ってくるのが、女性の白い顔と意志の強そうな瞳とキリッとした口元です。そして彼女の身につけている黒い乗馬服と帽子がその白い顔をより一層引き立てています。

そいういえば、マネは、意外なほど黒を用いた作品を数多く描いています。黒は、構図の中で配分が多いと一見、作品全体が地味になってしまいそうな難しい色だと思います。しかし、マネが描く黒は、スパイスの効いた華やかな印象を見る者に与えます。

この作品を制作していた頃のマネは、かなり体調が悪かったそうです。確かに、《乗馬服の女》に描かれている背景の空の色は、我々が想像する「夏の空」とは異なるかもしれません。しかし、マネは、エレガントかつ力強くたたずむこのパリジェンヌの姿に夏のイメージを見いだしたようにも思えます。

さて、来月、マネの《フォリー=ベルジェールのバー》が来日します。詳細は、また後日。

*「マネの肖像画「春」、予想上回る75億円で落札」ロイター2014年11月7日09:56配信
https://jp.reuters.com/article/primtemps-idJPKBN0IR02M20141107(2019年8月29日11:19 UTC)