ブリューゲル 《怠け者の天国》 〜 アートの聖地巡礼(ドイツ) ACJ版

アルテ・ピナコテークは、ミュンヘンにある美術館とはいえ、結構フランドル地方の画家達の作品が充実している。ローヒル・ファン・デル・ウェイデン(c.1399 -1464)、ピーテル・ルーベンス(1577-1640)とくれば、ピーテル・ブリューゲル(c.1525-1569)も外すことは出来ない。

ブリューゲルといえば、日本では《バベルの塔》が有名だと思う(*1)。ご存知の通り、《バベルの塔》は、キリスト教の旧約聖書の中の一場面を描いていおり、ブリューゲルが超人的な技術を披露していることでも有名だ。

一方、ブリューゲルは、「田舎の日常の生活を(作品として)描いた最初の画家」でもある。宗教画、歴史画が主流の当時の美術業界では、斬新だったと容易に想像できる(それ以前より日常生活を個人的にデッサンしていた画家達は沢山いただろうが)。

ただ、ブリューゲル自身は、田舎に住んでいた画家というよりは、当時のドイツやフランドルの文化人同様、イタリアへ旅行し文化を学んでいた記録がある。ローマ帝国は滅亡しても、芸術文化の世界で「ローマ」の存在そのものがヨーロッパでは重要だったのだ。

もちろん、当時、アルプスを越えることは、容易な旅ではない。それでもイタリアへ旅する北方の画家達は多かった。その中には、ドイツとイタリアの美術を融合させたデューラーもいたが、ブリューゲルのようにイタリアに染まらず、独自路線を進んだ者もいた。

また前書きが長くなったが、アルテ・ピナコテークでピーテル・ブリューゲルといえば、個人的には、《怠け者の天国》(1567年)だと思う(*2)。

この作品の解説は、ウィキペディアの日本語版の記事が優秀(同記事の註の内容を考慮してそう判断した)なので、当方がここで説明することもない(*3)。

「のどかで田舎の日常を表現している素敵な作品!」と思うと、とんでもない。かなりダークな世界だ(*4)。

「あ〜あ〜空でも見てるかなあ」とだらだらしている人間達。よく見ると、そのひとりは裏地に毛皮が施されたコートを着ている。その脇に見えるのは聖書だろうか。注意深くみると半分の卵に足があって、ナイフが刺さったまま歩いている。

丸焼きの豚も同様だ。

この作品の解読だけで、論文一本書けるね(すでに誰かが書いていると思うけど)。

それにしても、このダークな感じ、誰かに似てないか?そうヒエロニムス・ボッズ(c.1450-1516)だ(*5)。そして、西洋美術史の世界では、ボッズもブリューゲルと同様「16世紀のフランドルの画家」。そういうわけだ。

可能であればブリューゲル本人にこう聞いてみたい「ボッズのどの作品がお好きでしたか?」。

NOTE:
*1.2017年に東京美術館でボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展が開催。ブリューゲルが描いた《バベルの塔》は、このボイマンス美術館所蔵とウィーン美術史美術館所蔵の2点がある。
*2.見出し画像、本文の画像は、著者が、ドイツ、ミュンヘン、アルテ・ピナコテークにて撮影した、ブリューゲル《怠け者の天国》
*3.ウィキペディアの記事は、こちらをご参考までに。Wikipedia contributors, “怠け者の天国,” Wikipedia, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E6%80%A0%E3%81%91%E8%80%85%E3%81%AE%E5%A4%A9%E5%9B%BD&oldid=74362603 (accessed October 21, 2020).
*4.ブリューゲルの「のどかで田舎の日常を表現している素敵な作品!」は、またの機会に紹介する。