サンドロ・ボッティチェリ《若い青年の肖像》 アートの聖地巡礼(英国)

英国、ロンドン、ナショナル・ギャラリー所蔵で、もう一度見たい作品は、いろいろある。その中でも、こちらの作品は、別格。

サンドロ・ボッティチェリの《若い青年の肖像》。以下の画像は、ナショナル・ギャラリー公式サイトからダウンロードした(クリエイティブ・コモンズ 表示-非営利-改変禁止の条件にてダウンロード)。

Sandro Botticelli
Portrait of a Young Man
probably about 1480-5
Tempera and oil on wood, 37.5 x 28.3 cm
Bought, 1859
NG626
https://www.nationalgallery.org.uk/paintings/NG626

ちなみに、私が現地で撮影した同作品の画像がこちら。

ナショナル・ギャラリーに多くの名品はあれども、今まで知っているアーティストの印象が一新した作品のひとつだった。

ボッティチェリといえば、イタリア、フィレンツェにあるウフィツィ美術館所蔵の《プリマヴェーラ》や《ヴィーナスの誕生》が有名だけれども、私は、断然、この《若い青年の肖像》が好きだ。

ロンドンに長い間住みながら、ナショナル・ギャラリーへ訪れる時間もなかった。すぐ近くにあった名品だったのに。でも、自分で撮影した写真は、当時の空気や自分の感情を思い起こさせてくれる。