カテゴリー別アーカイブ: culture

日常生活と芸術文化

IMG 3547

この度、台風15号の影響で被害に遭われた皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

今回の台風15号の被害の件、台風が去った9月9日、メディアは、終日内閣改造の話題に集中してました。

私は、去年のあることを思い出しました。

去年10月1日、台風24号の影響で静岡県内で71万戸が停電。当時全面復旧まで4日かかるという状況でした(*)。おりしも、10月1日は、「ノーベル医学生理学賞」が発表された日。メディアは、それ一色。10月1日、静岡の停電の件は、(私の知る限り)関東地方のNHKのテレビでは、報道されませんでした。

「またか」と思いました。これだけ情報が氾濫していているのに。その時のニュースの優先順位は、自分が選択していかないと大変なことになるとあらためて思いました。

日常生活があってこその芸術や文化です。当方、「マドリード、最終日。。」と続けることは、出来ませんでした。つきましては、「マドリードのまとめ」を今週末までには、はじめたいと思います。よろしくお願い致します。

画像は、新橋駅付近からの銀座を撮影しました。真ん中にみえる、静岡新聞の東京支社のビルは、丹下健三氏(1913−2005)の設計です。よくもわるくも、芸術と日常生活は、隣り合わせにあるのですね。

「【台風24号】静岡県内で一時71万戸が停電 全面復旧は4日 」Sankei Shimbun News 2018.10.1 21:06 配信 https://www.sankei.com/affairs/news/181001/afr1810010038-n1.html (UTC 2019.10.01.7:23)

ザ・ローリング・ストーンズ展、個人的感想

IMG 3279

ザ・ローリング・ストーンズ展は、昨日で終わりましたね。

画像は、同展覧会の会場内で撮影しました。

写真家デヴィッド・ベイリーが撮影したミック・ジャガーの有名なポートレートの上に、スポットライトで照らされているミック・ジャガーのコメントをご覧くださいませ(それにしても、ミックは、フォトジェニックな人物ですね)。

ミックの言わんとする「イメージ」がこの展覧会のキーワードの1つだと個人的に思いました。ザ・ローリング・ストーンズのイメージとは、音楽を軸に、映像、舞台(ステージ)芸術、衣装、アルバムジャケット、ロゴマークにいたるまで、その時その時の時代を反映するアーティスト達とのコラボレーションによって作り上げられてきたものであることが、今回の展覧会を通してよくわかりました。

例えば、アンディ・ウォーホルによるアルバムジャケットであったり、アレキサンダー・マックイーンや今ときめくエディ・スリマンのデザインするステージ衣装であったり、ピーテル・ブリューゲルの《バベルの塔》を用いた「ブリッジズ・トゥ・バビロン・ツアー」のポスターだったり、古今東西の文化を自在に操り最先端の文化を発信し続けている彼らを見直しました(ストーンズファンの方々、生意気ですみません)。

知識不足で彼らの音楽について語れず残念ですが。。。ストーンズのメンバーが若い頃共同生活をしていたフラットを再現した空間や、会場に流れるミックの英語の発音などなど、彼らのイメージの土台に「英国文化」の存在は、欠かせないなあと思いました。

正直、もう一度行きたかったくらい同展覧会は面白かったので、昨日は臨時更新させていただきました。というわけで、明日の更新はお休みさせていただきます。よろしくお願い致します。

ザ・ローリング・ストーンズ展、本日最終日、アンディ・ウォーホル、《ミック・ジャガー》

IMG 3266

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、TOC五反田メッセにて開催されている「ザ・ローリング・ストーンズ展」に行ってきました。当方のサイトは、「通常」水曜日と日曜日を更新休日としておりますが、同展覧会が本日最終日なので「臨時更新」致します。

まず、一般当日券3500円は、強気の値段かなあと思ったのですが「う〜ん、これもありかも」と思いました。そしてなんと言っても有り難いことに「展示会内部全て撮影OK」でした。しかも、同展覧会は、世界巡回展でアジアでは日本のみの開催だそうです。

画像は、同展覧会で展示されていたアンディ・ウォーホルによる《ミック・ジャガー》のシルクスクリーンの一枚です。キャプションの撮影に失敗しましたが、制作年代は1975年と記憶しております。

本日、最終日ですので、取り急ぎ、失礼致します。

ザ・ローリング・ストーンズ展
開催会場:TOC五反田メッセ (東京都品川区西五反田6-6-19)
開催日程:2019年3月15日(金)~6月5日(水)
開館時間:月~金・土・祝前日 11:00~20:00 ※最終入館 19:30まで