カテゴリー別アーカイブ: tips

ボローニャ、番外編、私がやってみてよかったこと TOP3

UNADJUSTEDNONRAW thumb 2c35

前回、ボローニャの旅の最終日、アルキンジナージオで旅を振り返りました。その日の夕方、ボローニャ・ボルゴ・パニガーレ空港からパリ・シャルル・ド・ゴール空港経由で帰国しました。

今日は、ボローニャの旅(2015年冬)の番外編ということで、「私がやってみてよかったこと」トップ3を紹介します。

ボローニャに滞在する
ボローニャは、西洋美術を巡る旅としてはとても便利な都市です。まず、今回のようにラヴェンナマントヴァパドヴァは日帰りで十分回れました(ラヴェンナは2日あると楽かもしれません)。今回は見送りましたが、ボローニャからフェラーラへやモデナも日帰りで十分行けます。また、ボローニャは、フィレンツェと比較して比較的物価が安いですので、予算内で快適なホテルに滞在出来たと個人的には思いました。ただし、今回、私がボローニャから日帰りしたミラノヴェネチアの日程は、目的がはっきりしている場合のみ、ありだと思いました。
 
予約見学が必要なところは、ネットで事前予約、受付時間30分前に現地到着を目指して行動する
今回の旅で予約が必要だったところは、ミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラッイエ修道院にあるレオナルド・ダ・ビンチの《最後の晩餐》の見学とパドヴァのスクロヴェーニ礼拝堂でした。どちらもネットで予約出来ますが人気があり、直前になってくると予約出来る時間枠が限られている場合が多いそうですが、私はオフシーズンに訪ねたので、希望通りの時間枠で予約出来ました。また、どちらも入場時間の30分前には受付を済ませるように電車の時間を含めた一日の予定を立てましたが、それでも想定外のことが起こりました。なお、今回予約なしで見学出来たマントヴァのドゥカーレ宮殿も、シーズン中は予約が必要な時もあるようなのでご注意くださいませ。
 
シーズンオフのイタリアを訪ねる
今回の旅は、2015年のクリスマス直前の冬でした。気温はマイナスになることもありましたが、美術館も比較的観光客が少なく静かに美術作品を鑑賞することが出来ました。もちろん、フィレンツェの時同様、可能な限り朝早くから行動しました。12月のイタリアは、寒いですし、夜明けは遅く、夕暮れは早いです。しかし、昼間は動けないほどの暑いイタリアの夏よりも、防寒をして歩き回ることが出来るこの時期が私には合っていました。冬の澄んだ空気は、美術を鑑賞するにはもってこいでした。
 
画像は、インディペンデンツァ通りです。この通りにボローニャの首都大司教座聖堂「Metropolitana」があります(右側に同教会のファサードが見えます)。この道をほぼ毎日ボローニャ・セントラル駅まで歩きました。ボローニャの目抜き通りとはいえ、夜明け前は店らしい店は開いていません。旅の前半は駅まで歩くのに必死でしたが、旅の後半歩き慣れてくると、通りのピザ屋で職人が下ごしらえをしている姿が見えたり、ボローニャの人々の日常が感じられる時間でした。

ボローニャ、6日目、ミラノ、ブレラ絵画館、グーグルマップに救われるの巻

IMG 0492 1024

ミラノ中央駅に8時40分に到着。キヨスクで地下鉄の一日券も購入。地下鉄の路線は、M1、M2、M3を使用すれば、効率的に回れそうです。

まずは、M3線に乗って、まずはモンテナポレオーネ 駅(Montenapoleone) で降りました。問題なし。地上に上がると周囲の建物がイタリアらしくない!どことなくパリの建物と感じが似ていて、イタリアにいるとは思えません。全体的に洒落た感じです。が、曲がった道が多いので通りの名前と方角がわかりにくいです。

でも、いつものようにグーグルマップで、ミラノのオフラインマップをiPhoneにダウンロードしてあったので、インターネットで繋がっていなくても、地図があれば問題ありません。と思ったのが大間違い。迷いに迷って、どうしていいのかわかりません。時間はどんどん過ぎていきます。今まで、どこへ行っても(海外を含む)、ここまで道に迷ったことはありませんでした。全くの想定外の展開です。気を取り直して、歩きながら、iPhoneの画面でグーグルマップの地図を見ていると、通りに沿って青い点が動いている。インターネットはオフラインだし、何だろう?何と、その青い点は、GPSによる私の位置情報だったのです。素晴らしい!自分の位置がわかれば、もう怖いもの無し!目的地のブレラ絵画館の前に無事到着(画像は多分ブレラ絵画館の正面入り口前ですが記憶が飛んでます)。しかし、時刻は9時50分。予定よりかなり遅くなってしまいましたが、本当にグーグルマップに救われました。

余談ですが、日本では、このグーグルマップのオフラインマップは、使えないようです。ほとんどのヨーロッパの街は、オフラインマップがダウンロード出来ますし、オフラインで通信費もかからず、地図上で自分の位置がわかるので本当に助かりました。ただ、私の知識不足かもしれませんが、オフラインマップをダウンロードしてあっても、状況と場所によって正確に位置情報を把握できない時や街もありました。ちなみに、ミラノでは、オフラインマップに関しては問題なく使えましたし、途方にくれているところに、突如頼もしい助っ人が現れたという感じでした。

フィレンツェ、番外編、私がやってみてよかったこと TOP3

UNADJUSTEDNONRAW thumb 2383

今日は、フィレンツェの旅(2015年秋)の番外編ということで、「私がやってみてよかったこと」トップ3を紹介します。

フィレンツェカードを買う
フィレンツェカードは、決して安くはありません。私の場合は、普通に入館料を各施設で払うよりも金額的にお得でした。何より「待たなくて入館できる」がありがたい。お金で時間を買うと思えば、決して高くありませんでした。ただし、72時間以内に効率的に動くには行き先の順番と時間配分を考慮することが必要でした(季節によっては、フィレンツェカード所持あるいは各美術館の入場券のネット予約をしていても、短時間ですが並ぶようです)。ちなみに、私は全て徒歩で回りました。
 
美術館は、なるべく開館と同時に入館する
私は、フィレンツェカードがあったので、入場券をネットで予約する必要も、入場券を買うために並ぶこともなかったのですが、ウフィツィ美術館は、開館時間の8時15分の30分前、朝7時45分に行きました。予約あり、予約なしで、入り口が異なっているので、受付がわかりにくいと聞いていましたが、やはりわかりにくかった!開館と同時に入る静かなウフィツィ美術館パルジェロ国立美術館サン・マルコ美術館は、格別でした。そして、美術館へ行く途中の観光スポット(ドゥオーモなど)も観光客も少なくて、よい写真が撮れました。
 
滞在中は、朝は同じカフェに通う

私は毎朝、Scudieri Firenzeへ行きました。優雅なテーブル席ではなく、毎回カプチーノとアーモンドクロワッサンをカウンターで立っていただきました。私が通っていた時は、入り口付近の受付で前払いをしてから、レシートを持ってカウンターへ向かうので、フィレンツェの人々に負けそうになりながらも、注文は通りました。有料の化粧室もきれい。毎回、朝から気分よく動けました。いろいろなカフェへ行く楽しみもあったのですが、朝は時短を心がけ、慣れたところに通いました。

画像は、フィレンツェの教会のファーサードの中で、一番エレガントだと思ったサンタ・マリア・ノヴェッラ教会です。同じイタリアの都市でも、自分の研究のために何度も訪れていたローマとは、別な意味で人生に刺激を与えてくれたフィレンツェ。今度は、ゆっくり訪れたいです。