カテゴリー別アーカイブ: Chiostro dello Scalzo

フィレンツェ、4日目、スカルツォ修道会修道院回廊、《洗礼者ヨハネの生涯》より《キリストの洗礼》

IMG 5545 1024

画像は、スカルツォ修道会修道院の回廊の壁にアンドレア・デル・サルト(1486-1531年)が描いた《洗礼者ヨハネの生涯》(1526年)の一場面です。木の枝で作った十字架(のような杖)を持っているのが洗礼者ヨハネです。新約聖書によるとヨハネとイエスの母親同士が親戚でした。ちなみに十二使徒の聖ヨハネは「洗礼者ヨハネ」とは別人です。

洗礼者ヨハネは、イエス・キリストよりも年上で一足早く神の教えを説いていました。ヨハネが信者達に洗礼を授けているヨルダン川に、イエスが現れます。ヨハネは、自分よりも大いなる人物であるイエスに洗礼を授けることを躊躇しますが、最終的にはイエスはヨハネより洗礼を受けます。サルトの作品では、ヨハネに水をかけてもらい、川の中に座っている男性がイエス・キリストと推測されます。モノトーンの場面の中、ヨハネの持つ十字架が唯一光を放っているように見えます。

そういえば、ウフィツィ美術館に所蔵されているヴェロッキオの《キリストの洗礼》も同じ場面を描いていましたね。

フィレンツェ、4日目、スカルツォ修道会修道院回廊

IMG 5542 1024

サン・マルコ美術館を後にしました(実は、同美術館である重要な作品を見忘れたので、後日また行くことになります)。サン・マルコ美術館の裏玄関から少し歩き、via Cavour(カヴール通り)へ向かいます。この通りの69番地に小さな入り口があります。そこには16世紀のスカルツォ修道会修道院の回廊があります。確か入場料は必要なく、入り口の受付で名前を書いただけだったような記憶があります。

中に入るとすぐに回廊のある小さな中庭の空間があります。壁には、1526年にアンドレア・デル・サルト(1486-1531年)が描いた《洗礼者ヨハネの生涯》のフレスコ画が保存されています(ちなみにフィレンツェの守護聖人は洗礼者ヨハネです)。作品は、モノクロですが、かなりよい保存状態でした。今思うと椅子が用意されているので、ゆっくり過ごしたかった空間でした。