展覧会レビュー エル・グレコ展 その1

 2013 01 31 11 32 24

先日、東京都美術館で開催中のエル・グレコ展へ行ってきました。 冗談ではなく、ここ数年日本で見た展覧会の中で、私的にベストワンといっても過言でないほどの内容でした。最近、目に付く展覧会は、「○○○美術館展」のように海外の美術館のコレクションの1部が紹介される形が多かったように思われます。もちろんそのコレクションの中には、巨匠の目玉作品もあるわけですが。。。去年の春に同美術館で開催されたマウリッツハイス美術館展のフェルメール『真珠の耳飾りの少女』は、その一例として記憶に新しいです。

今回の展覧会の監修がマドリード自治大学教授フェルナンド・マリーアス氏。一言、さすがの内容です。本当に作品に外れがない。よくここまでそろえたなあという感じです。スペインの各美術館は、もちろんですが、ロンドンのナショナルギャラリー、ロスのゲッティ美術館、ニューヨークのメトロポリタン美術館からも出品されています。

展示方法で感心したのが、全作品のキャプションの下に簡単ですが解説がついています。「主要作品」以外は、キャプションのみという展覧会も多いので、この展覧会に対する主催者の意気込みを感じました。また、ジュニアガイドといって、1部の作品にジュニア向けのわかりやすい解説ガイドが用意されています。これがとてもいい。作品を通して、キリスト教図像学をさらっと解説していて、ジュニアでなくてもおすすめです。

次回は、同展覧会で気になった作品を幾つか紹介します。

では、今日はこのへんで。

エル・グレコ展
会期 2013年1月19日(土)~ 4月7日(日)
会場 東京都美術館企画展示室(東京都台東区上野公園8-36)
開室時間 9:30~17:30(金曜は20:00)
入室は閉室30分前まで 
閉室日 月曜日

展覧会関連サイト
エル・グレコ展公式ページ
http://www.el-greco.jp/index.html 

スターバックス 上野恩賜公園店

IMG 2567

上野にある東京都都美術館へ来ました。開館は9時半。時間があったので、すぐ近くのスターバックスに寄ってみました。ここ上野恩賜公園店、普通のスターバックスと少し違います。ゆったりとした感じ。木製の椅子。窓越しから緑を眺められる長いカウンターの席もあります。

去年の4月にオープンした際のプレスリリース(*)によると、レジ下のキャビネットは、『台東区の職人が仕上げた革を採用』し、受け渡しカウンターは、『上野恩賜公園にちなんだ無垢のサクラ材』を使用しているそうです。こだわっています。

今日は、都美術館側の窓際のカウンターに座りました。同じカウンターには、アーティストか美大生らしき、エッジーな感じの女子。その横は、何か書類か論文らしきコピーを熱心に校正しながら読んでいるご婦人。ここは「スタバ」というよりは、上野らしい文化の香りがする「カフェ」でした。

*スターバックス コーヒージャパン プレスリリース(2012/04/03)
都内初の公園内店舗がオープン〜『スターバックス コーヒー 上野恩賜公園店』

Happy New Year!

IMG 2522

あけましておめでとうございます。

東京赤坂、とらや本店のディスプレイです。こうすれば、都会でも凧を飛ばせる事が出来るのですね。

すなわち、芸術文化ジャーナル